2020年01月15日号
次回2月3日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:作家ドラフト2012 潘逸舟「海の形」展/小沢裕子「ある小話」展

2012年02月01日号

会期:2012/02/04~2012/02/26

京都芸術センター[京都府]

さまざまな分野で活躍する専門家を審査員に招き、若手美術家の発掘・支援を目的に行なう公募プログラム。今回は劇作家・小説家でチェルフィッチュ主宰の岡田利規を審査員に迎え、115件の応募のなかから選ばれた潘逸舟と小沢裕子の作品を展示する。2人の作品はともに「私」というかたちを再発見する試みだが、岡田いわく、「コンセプトが明瞭で説得力があるもの」と、「それがユーモアかどうかさえ果てしなく微妙な、その分魅了されずにはいられないセンス」の並置になるという。対照的な両者の競演から何が生み出されるかに注目が集まる。

2012/01/20(金)(小吹隆文)

2012年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ