2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

白井忠俊 展─千年螺旋─

2012年02月01日号

会期:2012/01/07~2012/01/28

INAXギャラリー2[東京都]

「円筒絵画」の白井忠俊の個展。青緑の蛇肌を描いた平面作品を円筒状に仕立てて見せた。ぬめりのある蛇肌が重なり合うだけでもえぐいのに、それを円筒の表面に貼りつけているから、蛇のとぐろがそのまま再現されているようで、その迫力によりいっそう凄みが加えられている。360度から鑑賞できるという点では、正面性を求める絵画というより彫刻に近いのかもしれないが、白井の「円筒絵画」があくまでも絵画であるのは、油絵具を厚く盛りつけることで鱗のように見せる工夫を凝らしていること以上に、それが対象の無限性を描写しようと試みているからだ。蛇の頭を確認することはできるが、その胴体は果てしなくとぐろを巻いており、それはどこまでいっても中心にたどり着かない無限の螺旋回廊のようだ。世界を四角いフレームに収めることで、その向こう側を想像させることが絵画の基本的な機能だとすれば、白井の「円筒絵画」はそれを円筒状に整えることで対象の再現性と無限性を同時に倍増させてみせた。無邪気な具象絵画が全盛の時代にあって、「平面」ないしは「絵画」という形式をオーバーホールしながら再構築する仕事は、今以上に評価されるべきである。

2012/01/19(木)(福住廉)

2012年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ