2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

京都・京町家ステイ・アートプロジェクト vol.1

2012年02月01日号

会期:2012/01/21~2012/01/27

和泉屋町町家、筋屋町町家、石不動之町町家、美濃屋町町家[京都府]

京都の四条河原町に程近い4軒の町家を舞台に、畠中光享(絵画)、福本潮子(染色)、大西宏志(映像)、近藤高弘(陶芸)によるアートプロジェクトが実施された。単に町家に作品を並べる展覧会なら新味はないが、このプロジェクトでは4作家がそれぞれ1軒の町家を担当し、もてなしの空間をつくり上げたのが斬新だった。たとえば、福本潮子は家具や寝具などインテリアの一部としても作品を用いていたし、畠中は自作品と自身が蒐集したアンティークを持ち込んで細部まで心遣いが行き届いた空間を演出していた。会場の町家も元々のよさを保ったままリノベーションされており、伝統と現代を兼ね備えた高級和モダン住宅の趣。室内でくつろいでいると本当に贅沢な気持ちになり、上質な生活とは何かを体感することができた。なお、当プロジェクトは展示終了後も継続しており、現在は「アート町家ステイ'12」と題して1日1組の滞在を受け付けている(3/4まで)。もちろん4作家の展示状態のまま、である。

2012/01/22(日)(小吹隆文)

2012年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ