2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

Skyscraper: Art and Architecture Against Gravity

2012年09月01日号

会期:2012/06/30~2012/09/23

シカゴ現代美術館[シカゴ]

シカゴは摩天楼の発祥地として有名だが、本展は超高層ビルや現代建築を題材にした、現代作家の作品を紹介するもの。摩天楼そのものをフレームにおさめた写真や模型があると思えば、9.11テロが発生したとき、その参事を扱った世界各国の新聞が部屋いっぱい展示されていたり、詩や歌(映像)があったり、まるで檻のようにみえる高層ビルに住む人たちを写した写真があったりする。人間が高い建築物を求めるのは経済的問題やテクノロジーのためだけではない。それは芸術家にとって、そして私たちにとって、メッセージやイメージであり、神話であると訴えているように思えた。[金相美]


展示風景


エントランス風景。すべて筆者撮影

2012/08/05(日)(SYNK)

2012年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ