2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

國府理「ここから 何処かへ」

2012年09月01日号

会期:2012/07/28~2012/09/09

京都芸術センター[京都府]

南北2つの展示室を舞台に、2点の作品が出品された。南ギャラリーでは、電動の軽トラックが微速で直径約6メートルの円を描いており、周回の途中でヘッドライト部から映像が投影されていた。北ギャラリーの作品は、巨大なパラボラに土が敷き詰められ、シロツメクサの種がまかれている。天井の照明は建物屋上に設置された風力発電機(これも作品)と連動しており、風力による光でシロツメクサの発芽を助ける仕組みになっている。國府の作品は主に機械を用いており、メカへの憧れと現代文明への警鐘を同時に含む点に特徴がある。本展は後者に重きを置いているようだが、風力発電の光があまりにもか細い現実を前に、むしろエコ原理主義への皮肉ではないかと勘ぐったりもした。

2012/07/30(月)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00018229.json l 10050999

2012年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ