2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

藤永覚耶 展「とどまり ゆらめく」

2012年09月01日号

会期:2012/07/31~2012/08/12

Gallery PARC[京都府]

森の情景や、植物、昆虫などのモチーフを、独自の技法で描き出す藤永覚耶。彼はまず、対象をピンボケで写真撮影し、その画像をもとにアルコール染料インクで点描画を制作、最後に溶剤をかけて画面を溶かしてしまう。もともとぼんやりとしたイメージは一連の作業を経てさらに抽象化し、画面上を光の粒が絶えず流動しているかのような絵画が出来上がるのだ。藤永のテーマは「個人の先入観や価値観をぬぐい去った等価な世界に立ち戻るような感覚」を表現することだが、彼は確かにその瞬間を捉えつつあるのではなかろうか。

2012/07/31(火)(小吹隆文)

2012年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ