2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

中島俊市郎 展

2009年12月01日号

会期:2009/10/31~2009/11/21

studio J[大阪府]

蛍光色のプラスチック素材で作られたひも状のオブジェ(カラフル!)が、大量に天井から垂れ下がっている。まるでパーティの飾りつけみたい。軽やかで、華やかで、見ているだけで楽しくなる。日頃から工芸家であることに自覚的な中島だが、今回の作品は少し雰囲気が違うなと思っていたところ、本人の説明を聞いて納得した。オブジェの両端にはフックが付いており、リングにすればネックレスへと変身するのだ。いや、ネックレスが本来の姿で、むしろ今回の展示がバリエーションということか。「自分はあくまで工芸家ですから」。そんな作家の自負が聞こえてくるようなプレゼンだった。

2009/10/31(小吹隆文)

2009年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ