2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

『停電EXPO』(ヨコハマ国際映像祭2009 オープニングイベント)

2009年12月01日号

会期:2009/10/31~2009/11/01

新港ピア[神奈川県]

梅田哲也、神村恵、contact Gonzo、捩子ぴじん、堀尾寛太らが参加したこれは、いわば2009年の『無題イベント』だった。『無題イベント』とは、1952年に音楽家ジョン・ケージがブラック・マウンテン・カレッジに集まった美術作家、ダンサーらと行なった中心なき同時多発的な上演のこと。会場に入ると、観客は黙々と準備に勤しんでいる演者たちを横目に自分の座る場所を探す。座席はない。座れるスペースが各自の座席。高い天井には梅田のオブジェがいくつも吊ってある。目をつむったダンサー(?)たちがゾンビのように徘徊を始める。床に散らばった目的のわからない資材を手探りで掴むと、目をつむったままどこかへ運んでゆく。観客が集まっていたスペースの裏で突如大きな音が発せられる。そちらへ引きずられるように移動する観客。空間全体が渦のように波のように、あるところで高まり、次第に沈んでゆくと、また別のところでなにかがはじまる。観客はその渦中に巻き込まれる。なによりも面白かったのは、見所が拡散してパフォーマーと観客の区別が希薄になってゆくと、観客である自分もまたパフォーマーであるかのような錯覚が生まれるところ。この混沌は、ぼくが見逃した1日目のほうが魅力的だったのだという。仕方ない。そうした、結果の違いが生まれてしまうのも『無題イベント』的なアプローチならではなのだ。

2009/11/01(日)(木村覚)

2009年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ