2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

ニュータウンピクニック──遺跡をめぐるアート

2009年12月01日号

会期:2009/10/20~2009/11/07

都筑民家園ほか[神奈川県]

横浜市都筑区の港北ニュータウンにある「大塚・歳勝土遺跡」を中心に催された展覧会。江戸時代の古民家や弥生遺跡などの中にアート作品が展示された。参加したのは、今井紀彰や開発好明、フランシス真悟、上野雄次、文殊の知恵熱など、総勢25組。秀逸だったのは、復元された竪穴式住居の内部に植物のようなオブジェを敷き詰め、来場者をブランコに乗せてその光景を見させた、三宅光春のインスタレーション。暗い空間でブランコに揺られていると、まるで夢のなかを漂うかのような錯覚を起こす。ただ、正面にはその来場者の姿をとらえた映像がリアルタイムで映し出されていたが、これはその夢のような経験から覚醒させることはあっても、それを深化させることはなかったように思う。

2009/11/5(福住廉)

2009年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ