2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

The Jeweled Net: Views of Contemporary Holography

2012年10月01日号

会期:2012.06.27~2012.09.28

MIT Museum[ケンブリッジ]

ホログラフィ(holography、またはホログラムhologram)とは、ごく単純に言えば3次元の立体映像が2次元の平面スクリーンに現われること。MIT Museumは世界最大のホログラム・コレクションを持ち、また定期的にアーティストを招へいし、ショーケースを開くという。今回の展覧会は社会との交流を目的に、現役のアーティストと行なった連携プログラムである。英国のエリザベス女王を描いた、ロブ・マンデー(Rob Munday)のThe Diamond Queen(2012)など、面白い作品が多数展示されていた。ひとつ残念なのは、筆者を含めほとんどの観客が作品そのもの(内容)よりさきに技術の高さに感嘆してしまうこと。だが仕方ないかもしれない。ホログラフィーはゲームや広告、映画から芸術分野に至るまで無限の可能性を秘めていることには違いない。[金相美]


1──MITミュージアム、外観


2──エントランス
3──別のブースの展示風景(Robots and Beyond Exploring Artificial Intelligence at MIT

2012/08/20(月)(SYNK)

2012年10月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ