2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:旧羽室家住宅アート・プロジェクト 森口ゆたか「子どもの情景─時を超えて─」

2013年10月01日号

会期:2013/10/12~2013/10/20

原田しろあと館(旧羽室家住宅・原田城跡)[大阪府]

中世の貴重な城郭跡であり、昭和初期の建築遺産でもある、原田しろあと館(旧羽室家住宅・原田城跡)。応仁の乱を記す古い文献や織田信長の出城として戦国史に名を残す場所であり、明治末以来の郊外住宅地のシンボルでもある同館を舞台に、美術家の森口ゆたかがサイトスペシフィックな展覧会を行なう。近年の森口といえば、映像インスタレーション作品による個展や、NPO法人を設立して医療現場へのアートの導入を図るホスピタル・アートの活動で知られている。その根底にあるのは人と生命を慈しむ心であり、本展でも子どもたちの古写真や長年の記憶をとどめた調度類などを素材に、追憶のかなたから淡い心象風景が立ち上るような展示を行なう予定だ。過去と現在が幾重にも往還し、美しいエコーに満ち溢れた空間が出現することを期待する。

2013/09/20(金)(小吹隆文)

2013年10月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ