2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:日本の男服─メンズ・ファッションの源泉─

2013年10月01日号

会期:2013/10/11~2014/01/07

神戸ファッション美術館[兵庫県]

ファッションの展では、どうしても女性が主役になりがちだ。しかし、それが男女共通の文化である以上、メンズ・ファッションにも語るべき歴史と文化がある。本展は、明治から戦後に至る日本の男服に真正面から挑んだ注目すべき展覧会だ。明治5(1872)年の太政官布告で制定された文官大礼服に始まり、制服、軍服、学生服、背広を通して一般化した日本人男性の洋装。戦後になるとアイビー・スタイルの「VAN」やヨーロピアン・モードを取り入れた「エドワーズ」が登場し、若者文化としての男性ファッションが花開く。その過程を実物で知ることができるのだから本展は貴重だ。普段は明るくて華やかな会場が黒々としてしまうかもしれないが、この稀有な機会を見逃したくない。

2013/09/20(金)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00023556.json l 10091733

2013年10月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ