2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

カタログ&ブックス│2010年08月

2010年08月15日号

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。

Magical Mysterious Mushroom Tour(マジカル・ミステリアス・マッシュルーム・ツアー)

著者:飯沢耕太郎
発行日:2010年7月
発行:東京キララ社
価格:1,680円(税込)
サイズ:180×150mm



著者である飯沢耕太郎が世界中のカルチャーシーンからきのこを探し出し、きのこを主役にした絵本やきのこグッズの紹介。いしいしんじの短編「きのこ狩り」、マジック・マッシュルームの研究者R・ゴードン・ワッソンの『ライフ』に掲載された記事「魔法のきのこを求めて」の全訳など、きのこづくしの一冊。



Juvenile

著者:綿谷修
発行日:2010年7月23日
発行:RAT HOLE GALLERY
価格:4200円(税込)
サイズ:B5変判



RAT HOLE GALLERYで開催している綿谷修展「Juvenile」にあわせ、写真集を刊行。夏のウクライナで出会ったティーンエイジャーたちを、数年にわたって撮影したカラー写真55点を掲載。批評家・倉石信乃氏による寄稿「外の子供」も収録。





island

発行日:2010 年7 月23 日
発行:island
価格:1000 円(税別)
サイズ:A3変判・タブロイド大




表現者による、表現者のための、表現の場を作るべく、機関誌『island』を発刊致します。

We are alive on the earth.
We are family in the world.
Let's make a big ring for our FUTURE

この言葉は、未来美術家・遠藤一郎が、彼の作品の中に記したものです。われわれはこの星でひとつである、未来へ手に手を取り合おう、というこの言葉の背景には、この星で暮すひとりひとりが主体者であり(alive)、ひとりひとりが表現者である(make)という想いが込められています。[islandサイトより]



ロボットと美術 機械×身体のビジュアルイメージ

デザイン:宗利淳一デザイン
発行:株式会社講談社
価格:2,625円(税込)
サイズ:A4判

2010年7月10日から8月29日まで青森県立美術館で開催されている展覧会「ロボットと美術 機械×身体のビジュアルイメージ」のカタログ。ロボットと美術の関わりの歴史を図版、テキストで紹介している。

2010/08/17(火)(artscape編集部)

2010年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ