2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

2011年11月15日号のレビュー/プレビュー

アンリ・サラ

会期:2011/10/04~2011/12/11

国立国際美術館[大阪府]

アルバニア出身のアーティストによる映像と音のインスタレーション。大きな展示室の向かい合う壁2面に建築と音をテーマにした映像を流し、観客はその中央で音と映像を体験するのだが、いったいなにがおもしろいのか。まあスペースを空けとくより音と映像で埋めといたほうがいっか、という程度。

2011/10/21(金)(村田真)

大阪市立近代美術館&国立国際美術館 中之島コレクションズ

会期:2011/10/04~2011/12/11

国立国際美術館[大阪府]

いま大阪では「府市合わせ」が話題になっているが、同展は中之島にある国立国際美術館のコレクションと、それに隣接する敷地に建設を予定している大阪市立近代美術館のコレクションから選りすぐった作品を合同展示する、いわば「府抜け」の試み(笑)。市のほうはロスコ、ステラなどの優品もあるが、だいたい佐伯祐三とかモディリアーニとかローランサンとかエコ・パリ系が多い。対する国のほうは、カンディンスキー、デュシャンあたりから、ベルナール・フリズ、ジョージェ・オズボルト、会田誠、加藤美佳まで、はるかに先進的だ。早く隣同士になって切磋琢磨していってほしい。それにしても会田誠の記念碑的大作は、いったいいくらで買ったんだろう。

2011/10/21(金)(村田真)

あいちトリエンナーレ2013 記者会見/シンポジウム「美術と身体 建築と場所」

会期:2011/10/21

愛知芸術文化センター 12F アートスペースA[愛知県]

愛知芸術文化センターにおいて、筆者が芸術監督をつとめる、あいちトリエンナーレ2013のコンセプトと最初の作家発表を行なった。タイトルは、「揺れる大地─われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活 Awakening─where we are standing ?:earth, memory and resurrection」である。最初の作家発表は、青木野枝、石上純也、奈良美智、名和晃平の4名。主に場所や空間系の作家、あるいは先端的な表現を行なう作家として選んだ。3.11に絡む記憶や復活につながるテーマを作家が展開するには、まだ時間がかかるだろう。この日は、午前の有識者への説明、実行委員会での承認、記者会見、夕方の浅田彰とのトークイベントと、合計4回主旨を説明した長い1日となった。浅田は相変わらず、膨大な知識と反射神経に裏付けられた圧倒的な言語パフォーマンスによって会場を圧倒させた。

2011/10/21(金)(五十嵐太郎)

生誕120周年記念 岸田劉生 展

会期:2011/09/17~2011/11/23

大阪市立美術館[大阪府]

混雑が予想されるため、開館時間9時30分のちょっと前に美術館着。チラシを見てびっくり。展覧会名よりもでかく赤い文字で「お待たせしました/麗子です。」のキャッチコピーが踊ってる! ミナミのキャバクラかい。美術館周辺の空気はサイテーだけど、展覧会はサイコーだった。《道路と土手と塀(切通之写生)》と《麗子像》の2点の重文をはじめとする200点を超す作品は、質量ともに満足のいくもの。とりわけ印象派やゴッホやセザンヌを恐るべきスピードで吸収した初期作品には舌を巻くし、「劉生の首狩り」と呼ばれた知人たちの肖像画群は、自画像の連作とともに圧巻というほかない。リンゴや器をモチーフにした一見退屈な静物画も、幼女時代から和服、洋装、セミヌードとさまざまに描かれた麗子像も、これだけ集めると尋常ならざるものを感じる。しかし夭逝の天才画家の宿命なのか、30歳前後から画力が落ち始め、日本画に手を染めるようになる。卑近な「でろり」の美を提唱するのはこれ以降のことだが、作品的には明らかに後退していった。ともあれ、劉生という日本の美術史上希有な才能と、日本で油絵を描き続けることの困難さをあらためて知ることができた。

2011/10/22(土)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00014651.json s 10015421

鉄道芸術祭 Vol.1 西野トラベラーズ──行き先はどこだ?

会期:2011/10/22~2011/12/25

アートエリアB1[大阪府]

鉄道芸術祭? なんだかよくわからないけど、おもしろそうだから来てみた。3年前に開業した京阪中之島線のなにわ橋駅の地下1階コンコースに、「文化・芸術・知の創造と交流の場」を目指してアートエリアB1が開設された。そこで企画されたのが、アーティストとともに鉄道のさまざまな特性に着目していく鉄道芸術祭であり、その第一弾が西野達だったというわけ。だから今回は鉄道に関する作品が多い。たとえば、京阪電車のホームにふつうの家のドアを取り付け、自分でドアを開けて乗降するとか(もちろん実用化はされていない)、30メートルはありそうな京阪電鉄沿線案内図を壁に貼り付けたりとか。でも頭のてっぺんから噴水を出すリンゴ人間や、机や自転車やベッドを串刺しにした電灯など、鉄道とは直接関係のないものもあった。このユルさが西野らしいというか、京阪らしいというか。考えてみれば、ターナーやモネの時代から鉄道とアートは相性が悪くないし、アートツーリズムまで視野に入れれば可能性は大きく広がるはずだ。さらなる展開を期待したい。

2011/10/22(土)(村田真)

2011年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ