2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

《後山山荘》

2017年07月15日号

[広島県]

鞆の浦の《後山山荘》へ。廃墟化していた藤井厚二の設計による彼の兄の家を、前田圭介が、残されたサンルームを復元しつつ、散らばっていた部材を活用しながら、現代的なテイストを加味した再生住宅である。これは大変なプロジェクトだ。この住宅は繊細な《聴竹居》よりもおおらかなサンルームで、海辺の眺望、風の入り方、庭から聴こえる水の音が心地よい。《後山山荘》は個人所有だが、見学会やイベントを催したり、さまざまな活用を試みており、今後どう残されていくかも興味深い。

2017/06/26(日)(五十嵐太郎)

2017年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ