2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

シンガポール現代建築─リベスキンド、ザハ・ハディド、OMA

2017年07月15日号

[シンガポール]

その後、サークル線に沿って、各地の現代建築を見学する。いずれも遠景から眺めたが、リベスキンドの《レフレクションズ・アット・ケッペル・ベイ》、オレ・スケーレンによる《インターレース》、ザハ・ハディドの《ドリードン・コンドミニアム》は高層の集合住宅なのに、強烈な造形だ。ほかにホランド・ヴィレッジの《ラッフルズ・ホランドV》、ブオナ・ヴィスタの《ザ・スター》、黒川紀章の《フュージョノポリス》、コンテナ利用のティンブレ・プラスなども立ち寄る。どれもこれも、いまの日本だと怒られそうなインパクト重視の外観だ。難を言えば、フォトジェニックだけど、空間があまりないことか。ともあれ、超人工的な景観と豊かな自然が共存するのが、21世紀のシンガポールだ。

写真:左上から=《レフレクションズ・アット・ケッペル・ベイ》《インターレース》《ドリードン・コンドミニアム》 右上から=《フュージョノポリス》《ラッフルズ・ホランドV》《ザ・スター》

2017/06/13(火)(五十嵐太郎)

2017年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ