2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

池田扶美代×山田うん『amness』

2013年11月01日号

会期:2013/10/18~2013/10/20

KAAT 神奈川芸術劇場・中スタジオ[神奈川県]

主宰のアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルとともに長年ローザスを牽引してきた池田扶美代。10年以上日本のコンテンポラリー・ダンスのなかで活動してきた山田うん。異色の顔合わせが実現した本作で2人は、それぞれが蓄積してきた〈ダンス〉を存分に舞台に放出した。2人の個性はかなり異なる。池田の動きは、後ろ歩きで弧を描いたり、リズムをつけて足を蹴り上げたりなど、そこここで「ローザス」を想起させる。そこにいるのは、少女的でしかし芯の強い、凜としているのだけれどユーモアもある、かわいいが度胸の据わった女性。デリケートで、滋味に富んだダンスは、そうしたパーソナリティが背後にあって繰り出されたものだと思わされ、なんと言おうか、動きに説得力がある。緑色のミニワンピースを着た池田に対して、山田は赤いロングのドレス。山田の動きには筋肉を感じる。「体操的」とでも言おうか。池田に感じる女性像の如きパーソナリティが山田の踊りには希薄で、動きの背後になにかがある気がしない。ニュートラルな運動。なぜいまここでこの動きなのか、その必然が伝わってこない。いや、ぼくが受取れないだけなのか。もちろん、見応えのある動きが出てきてはいるのだが、池田と比べると、その点が目立つ。ぼくの山田うんへの苦手意識は要するにここに起因しているのかと気づかされた。それにしても、2人のダンスはもちろんのこと、照明、音響、舞台上のすべてのアイテムが、デリケートに慎重に整えられていて、繊細で質の高い公演だった。


池田扶美代×山田うん『amness』


2013/10/19(土)(木村覚)

2013年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ