2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

超京都2013「現代美術@平成の京町家」

2013年11月01日号

会期:2013/10/05~2013/10/06

平成の京町家モデル住宅展示場 KYOMO[京都府]

京町家の大商家や、東本願寺の飛地境内地といった京都の歴史的建造物を会場に、現代美術の作品展示を行なってきた「超京都」。3回目の今回は、過去2回から一転して現代の住宅展示場を会場に選定。と言ってもありきたりなショールームではない。「平成の京町家」を提案する極めて珍しい住宅展示場なのだ。伝統的な意匠や設計思想を継承しつつ、室内は現代のライフスタイルにも合致した平成の京町家は、現代美術との相性も抜群。美しい生活空間と作品がマッチして、ほかでは味わえないユニークな美術体験ができた。しかし、住宅5棟に7画廊と1美術大学が集ったこのイベントで、入場料2,000円が妥当かと言われるとやや疑問。主催者の苦労を知るだけに言いにくいが、この点だけは改善の余地ありだ。

2013/10/04(金)(小吹隆文)

2013年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ