2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

東洋学の歩いた道「マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅──西洋生まれの東洋学」

2013年11月01日号

会期:2013/08/07~2013/12/26

東洋文庫ミュージアム[東京都]

東洋文庫での展覧会タイトルは「マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅──西洋生まれの東洋学」。『東方見聞録』に記されたマルコ・ポーロの足跡をたどりつつ、東洋文庫が擁する貴重書コレクションを通じて西洋から見た東洋を俯瞰する試みである。東洋文庫は大正13(1924)年に三菱第3代社長岩崎久彌が設立した。設立の基盤となったのは、ロンドンタイムズ北京特派員で中華民国総統顧問を務めたG・E・モリソンが蒐集した中国に関するヨーロッパの文献約2万4000点である。その他のコレクションを加え、現在では日本・アジア・アフリカに関する学術資料約100万点を所蔵する。もともと「東洋」とは、西洋人にとって自分たちの以外の領域を指し示すものとして現われた概念であり、アジアを旅した商人や探検家、宣教師などによって知識が記録され、探求心が醸成されてきた。マルコ・ポーロ(1254-1324頃)はその先駆者であり、『東方見聞録』は大航海時代の探検家たちも愛読したベストセラーであった。展示前半は、書籍としての『東方見聞録』にフォーカスする。東洋文庫はさまざまな国で刊行された『東方見聞録』77種類のコレクションを擁しており、これらが一堂に展示されている。もっとも古いものは、1485年にアントワープで刊行された活版印刷版。コロンブスも同じ版を持っており、これを繰り返し繰り返し読んでいたという。後半の展示は、東洋文庫のコレクションによって、マルコ・ポーロが訪れた主要な都市を紹介する。たとえばフランス人商人ジャン・シャルダンによる『シャルダン東方旅行記』(1735)に描かれたペルシャの風景や、イタリアの修道士プラノ・カルピニ『モンゴル人の歴史』(1706)によるモンゴル帝国の調査報告書である。そのほかヨーロッパでつくられたアジアの地図など、西洋人が「発見」した東洋の姿には興味が尽きない。こうした東洋文庫のコレクション形成には、学習院から帝国大学に移った白鳥庫吉らが尽力した。その白鳥は昭和14(1939)年に東洋文庫の第4代理事長に就任。また、永青文庫を設立した細川護立は第7代の理事長であり、ここにも学習院の人脈を見ることができるのである。[新川徳彦]

2013/10/25(金)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00022591.json l 10093096

2013年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ