2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:注目作家紹介プログラム チャンネル4 薄白色の余韻 小林且典 展

2013年11月01日号

会期:2013/11/02~2013/12/01

兵庫県立美術館[兵庫県]

兵庫県立美術館が4年前から始めた注目作家紹介プログラム「チャンネル」。その第4弾として、兵庫県龍野市出身の作家・小林且典を取り上げる。小林の作品といえば、イタリア留学時に修得した蜜蝋鋳造による、皿、瓶、壺などのブロンズと、それらを自作レンズのカメラで撮影した静物写真が挙げられる。本展では天井高7.2メートルの空間を生かして、床面に大量のブロンズと木彫を配置し、壁面にはカラープリントの新作とモノクロプリントを展覧。また、フィンランド滞在以来ラインアップに加わった木彫とブロンズの新シリーズも紹介される。

2013/10/20(日)(小吹隆文)

2013年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ