2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

アーティスト・ファイル2015 隣の部屋──日本と韓国の作家たち

2015年09月15日号

会期:2015/07/29~2015/10/12

国立新美術館[東京都]

今年は「アーティスト・ファイル」の拡大版で、日韓の国立美術館が共同制作し、それぞれ6人ずつ計12人を選んでいる。日本人は小林耕平、手塚愛子、冨井大裕、南川史門、百瀬文、横溝静の6人で、作品はだいたい想像がつくだろうから省略。雑だなあ。韓国人は大半が初めてだが、名前を連ねても意味ないので、興味深いのを3人ほど。キ・スルギは写真で、とくに「ポスト・テネブラス・ラクス(Post Tenebras Lux)」シリーズは、人けのない森や林道に浮かぶぼんやりした不定形のかたまりを撮ったもの。おそらく薄い布みたいなものを振り回して長時間露光で撮影したと思われるが、不気味でありながらどこかユーモラスでもある。イ・ヘインは100点を超す風景画などの油絵を壁に掛け、床にキャンプ用のテントを張っている。彼女はここ数年、画材とテントを持って各地を放浪しながら絵を描いてきたストリート・ペインター。ストリートに描くのではなく、ストリートでストリートをキャンバスに描くのがおもしろい。ってか、これって印象派と同じかい。イ・ウォノはホームレスから段ボールの家を購入し、その段ボールで巨大な家を再構築し、あわせて購入金額も提示している。その金額を見るとだいたい3千円前後が多いが、ひとりだけ2万円を要求してるヤツがいた。それはともかく、こうして見ると韓国のほうがストリート系が多くて楽しそう。

2015/08/05(水)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00031874.json l 10114891

2015年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ