2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

大地の芸術祭──越後妻有アートトリエンナーレ2015

2015年09月15日号

会期:2015/07/26~2015/09/13

越後妻有地域 (新潟県十日町市、津南町)[新潟県]

BankART妻有「桐山の家」で3泊4日の夏合宿をおこナウ。中2日はワークショップに費やすが、初日と最終日は車で芸術祭を見て回る。朝9時に松代駅に集合し、まずは桐山の家に寄ってから、近くの廃校を再利用したCIAN(地域芸術研究所)へ。ここには川俣正が故中原祐介氏の厖大な蔵書を使ったインスタレーションがある。3年前は木箱を積み上げて脳内を再現したような迷路状の図書館に仕立てていたが、今回はパネルを使って勾配を強調した越後妻有の地形図《ツマリ・ジオラマ》をつくり、その裏に蔵書を収納させている。地形図の上にはいま設置されている主要作品のマケット数十点が置かれ、どこらへんになにがあるか一目瞭然。これが数百点まで増えれば壮観だろうなあ。車を飛ばして十日町のキナーレへ。前庭に畑をつくって穴を掘り、地下にスタジオを開設したのは開発好明。本人はモグラの着ぐるみを着て穴にこもり、ゲストを招いてトーク番組を放映しているが、これは昨年の「いちはらアート×ミックス」に出してた《モグラTV》を移設したもの。市原はモグラが多いらしいので納得だが、こんな豪雪地帯にもモグラはいるのか?
今回最大の作品は、キナーレの中庭に水を張り、中央に高さ10メートルほどの山をつくった蔡國強の《蓬莱山》。表面は植物で覆われ、滝まで流れている。が、背後に回ると後ろ半分は垂直に切れ、鉄骨の骨組みがむき出しに。これは傑作。3年前に同じ場所で見せたボルタンスキーのハリボテ感もあらわな古着のインスタレーションとは対照的に、蔡は蓬莱山も現代美術もハリボテにすぎないことを見せつけているのだ。ボルタンへの当てつけか? キナーレ内の里山現代美術館を一巡し、裏通りの淺井裕介の路上ドローイングを見て、小島屋でソバ食って、荒神明香とwah-documentによるチーム「目」の会場へ。これは今回いちばん驚いた作品かもしれない。通り沿いのさびれたコインランドリーに入ると、スタッフが部屋のどこかに「入口」があるという。壁や洗濯機のなかを点検してると、大きなドラム式洗濯機の奥に「秘密の扉」を発見。開けてなかに入ると事務室になっており、奥の階段を下りていくと円い扉がある。扉を開けると筒状の空間になっていて、出てみるとそれはドラム式洗濯機で、最初のコインランドリーに戻ってるという仕掛け。もちろんいちど階段を下りたのだから元に戻るわけはなく、最初の部屋とまったく同じ空間を再現した別の部屋に出たのだ。これは実によくできている。サイトスペシフィックでありながら越後妻有らしさが感じられず、むしろ場末感を漂わせたところもグッド。川西エリアのジェームズ・タレルの《光の館》に寄ってから、下条駅のみかんぐみ、越後水沢駅のアトリエ・ワン、ミオンなかさとの坂口寛敏、リチャード・ウィルソン、カサグランデ&リンターラと南下したが、いずれも以前の作品なので省略。
中里エリアに新たに建てられた清津倉庫美術館へ。ここは廃校の体育館を美術館にリニューアルしたもので、青木野枝、遠藤利克、戸谷成雄、原口典之の大作ばかりを集めた「4人展:素材と手」を開催中。これはおもしろい問題をはらんだ新機軸だ。まず、廃校をアートに使うといっても、ほかの例のように廃校をそのまま使ってインスタレーションをつくるのではなく、梁と柱を渡して補強し、四周に1階の窓をふさぐ高さの壁を立て、床をコンクリートで覆って美術館に仕立てていること。また、そこに越後妻有ならではの作品ではなく、他所から持ち込んだ過去の作品を展示していること。つまり廃校がその歴史や記憶を消され、単なるハコとして使われているのだ。これは越後妻有の地で発想され、その場でつくられたサイトスペシフィックな作品が売りものだったこの芸術祭にとって、明らかに違和感がある。だが別の視点で見れば、首都圏で高い倉庫代を払いながら死蔵されている旧作たちに公開の場を与え、多くの人たちの目に触れさせるわけで、これはアーティストにとっても観客にとっても、また廃校を抱える地域の人たちにとっても一石二鳥、いや三鳥のメリットがあるはずだ。そしてこのような廃校を利用した美術館がこの地域に広がっていけば、「もの派美術館」とか「ニューウェイブ美術館」とか「90年代美術館」といったように、越後妻有全体が現代美術の一大アーカイブになる可能性だって開けてくる(ただし売れ残った作品が中心だけど)。もっともそれは「大地の芸術祭」が目指したものとはまったく違う、ある意味で正反対の流れかもしれないが、でもすでに越後妻有方式がマンネリ化を迎えているようにも感じられる現在、この正反対の方向性は案外強力なカンフル剤として機能するかもしれない。この先どうころぶか、楽しみがまたひとつ増えた。帰りにアブラモヴィッチの《夢の家》、森の学校キョロロなどに寄って、芝峠温泉に浸かって帰還。


蔡國強《蓬莱山》を裏から見たところ


清津倉庫美術館(手前は青木野枝作品)

2015/08/15(土)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00031883.json、/relation/e_00031613.json l 10114901

2015年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ