2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

試写『氷の花火──山口小夜子』

2015年09月15日号

70年代にスーパーモデルとして活躍した山口小夜子のドキュメンタリー映画。86年を境に彼女はファッションモデルからパフォーミング・アーティストに軸足を移す。そのきっかけとなったのは、山本寛斎の証言によれば、彼自身の放ったセクハラまがいの言葉だったらしいが、映画のラストシーンにその寛斎のショーに出た最後の姿が映し出され、胸が詰まる。映画は生前のショーやCM映像、没後8年目に開封された数々の遺品、寛斎のほか高田賢三、ジャン=ポール・ゴルティエ、セルジュ・ルタンスらの証言などによって構成される。男の関係者の多くがゲイというのが、彼女の美の世界を物語っているように思える。


「氷の花火 山口小夜子」予告編

2015/08/06(木)(村田真)

2015年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ