2019年05月15日号
次回6月3日更新予定

artscapeレビュー

VTN以外のベトナムの現代建築

2019年05月15日号

[ベトナム]

ベトナムでは、コンペがあまり有効に機能せず、公共施設では見るべき現代建築は多くない。したがって、どうしても住宅や民間のプロジェクトをまわることになる。今回、VTN以外の作品もいくつか見学したが、とくにダナンのトロピカル・スペースによる成熟した建築に感心させられた。両親の家である《テルミタリー・ハウス(Termitary House)》(2014)は、ベトナムでは通常は隠す煉瓦の壁をあらわにし、それが美しい多孔質のスクリーンとなり、さらにもう一層のスキンを重ねたデザインである。また中央に吹き抜け、両端にトップライトと二階の居室を配し、地域性を備えたシンプルな現代建築だった。



トロピカル・スペース《テルミタリー・ハウス(Termitary House)》2014(ベトナム・ダナン市)外観



トロピカル・スペースの両親の家として建てられた《テルミタリー・ハウス(Termitary House)》



トロピカル・スペース《テルミタリー・ハウス(Termitary House)》吹き抜けの見上げ



トロピカル・スペース《テルミタリー・ハウス(Termitary House)》隙間に設けられた階段


トロピカル・スペースの《テラコッタ・スタジオ(Terra Cotta Studio)》(2016)は、陶芸家のアトリエだが、正方形のプラン、一・二階をつなぐ円形の穴による吹抜け、軸線をつくる水庭により、宗教的とでも言うべき美しい象徴的な建築を実現している。さらに隙間を効果的に設けた煉瓦の外壁、木製の棚・階段・回廊によって、4本の柱が支えるコンクリート・スラブを入れ子状に包む。



トロピカル・スペース《テラコッタ・スタジオ(Terra Cotta Studio)》:2016(ベトナム)外観



トロピカル・スペース《テラコッタ・スタジオ(Terra Cotta Studio)》中庭



トロピカル・スペース《テラコッタ・スタジオ(Terra Cotta Studio)》



トロピカル・スペース《テラコッタ・スタジオ(Terra Cotta Studio)》室内


1+1>2事務所によるダナンの《コミュニティ・ハウス(Cam Thanh Community House)》(2015)は、室内に入ると、急傾斜の屋根が落ちる2つの中庭が展開する。フォトジェニックなデザインだが、訪問した日は結婚式が開催されていたにもかかわらず、屋外が舞台であり、全然内部が活用されていなかったのは残念である。



1+1>2事務所《コミュニティ・ハウス(Cam Thanh Community House)》2015(ベトナム)

またハノイのH&P Architectの《ブリック・ケイブ(Brick Cave)》(2017)は、藤本壮介の《HOUSE N》のように、穴をあけた塀が延長し、建物全体を包み、内側のレンガの外壁とのあいだに中間領域をつくる。道路からは三層に見え、日本的なスケール感だが、室内は二層でやはりベトナムらしく天井が高い。



H&P Architect《ブリック・ケイブ(Brick Cave)》2017(ベトナム・ハノイ市)



H&P Architect《ブリック・ケイブ(Brick Cave)》室内


今回、もっとも衝撃を受けたのは、V-architectureである。彼らの住宅兼旧事務所、《ジェントル・ハウス(gentle house)》は親密なスケール感をもち、デザインの巧さが光っていたが、その近くに完成したばかりの新事務所があまりにラディカルだったからだ。まったく作風が違う驚異のリサイクル&セルフ・ビルド建築であり、即興的かつアート的な要素も多い。しかも、まともな壁がない。だが、単なるカオスとならず、「建築」として成立しており、批評的だった。



V-architecture 《ジェントル・ハウス(gentle house)》(ベトナム・ハノイ市)



リサイクル&セルフ・ビルド建築によってV-architecture が手がけた彼らの新事務所


2019/04/05(金)(五十嵐太郎)

2019年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ