2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

artscapeレビュー

高橋睦郎『季語練習帖』

2019年05月15日号

発行所:書肆山田

発売日:2019/02/25

現代日本を代表する詩人・高橋睦郎(1937-)による俳句集。ただし、その体裁は一般的な句集とはいささか懸け離れている。本書には、「新玉」「薄氷」「師走」といった季語について書かれた短いノートに加え、各11句を単位とする項目が101篇、都合あわせて1111の句が収められている。もともと俳誌『澤』の連載として始まったこの試みは、和歌・連歌以来の伝統的な季語である竪題から始まり、回を追うにつれ、やがて横題を含めた季語全般を扱うものへと転じていったのだという。

それぞれの季語に対する註釈・所感は読み物としても楽しく、なおかつそれが豊富な作例を伴うことにより、創作ノートとしての趣も帯びる。表題の「練習帖」とはいかにも控えめな表現だが、古今東西の詩歌に通じたこの詩聖の世界の一端を垣間見るのに、これほど適切な形式もあるまい。80歳をこえてなお止むところのないその旺盛な詩作の源泉は、万事に対するその透徹したまなざしにある、ということが本書を読むとよくわかる。

2019/05/06(月)(星野太)

2019年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ