2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

王子直紀「牛島」/「外房」

2009年08月15日号

牛島
会期:2009/07/14~2009/07/27
会場:新宿ニコンサロン[東京都]
外房
会期:2009/07/12~2009/08/08
会場:photographers’ gallery

王子直紀の写真が変わりつつある。これまで発表してきた「XXXX STREET SNAPSHOTS」(2006)、「Cult of Personality」(2007~08)は典型的な都市の路上スナップだった。だが、今回発表した「牛島」のシリーズのために九州・吐 喇列島の平島を訪れたのをきっかけに、被写体の幅が大きく広がり、写真に何やら不穏な、奇妙に心揺さぶる波動が生じはじめているように感じるのだ。
とはいえ、撮影の方法論自体が大きく変わったわけではない。80ミリの、やや望遠気味の画角が狭いレンズを使い、画像の中心部を空白にして終焉部に「意味」のある被写体を押し込めていくやり方は、以前とほぼ同じである。だが、決定的な違いは、ヒトの営みと自然環境とのちょうど境界のあたりから、「牛」のような神話的な動物がぬっと姿をあらわしていることだろう。俗なるもののただ中から、聖なる異物が何の前触れもなく出現してくる様が、不可避的に写真の中に写り込んでくる。それをより積極的に引き受けようという姿勢が、王子のなかに生まれてきているようだ。
photographers’ galleryでほぼ同時期に開催された「外房」展でも、縦位置の写真の比率が上がっている(32点中25点)以外は「牛島」とアプローチの仕方にそれほど変わりはない。こちらは魚、鳥、鶏(鶏肉)などが、やはり神話的な形象として写真の中に取り込まれている。

2009/07/18(土)(飯沢耕太郎)

2009年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ