2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

白井美穂 展/エリカ・タン展

2009年08月15日号

会期:2009.06.26~2009.08.02

BankARTスタジオNYK[神奈川県]

イギリスのサンダーランド大学とBankARTとのアーティスト・イン・レジデンス交流事業。昨夏、BankARTから白井美穂をサンダーランド大学に送り、その逆にイギリスからエリカ・タンがやってきて、それぞれ2カ月間滞在・制作した。その日本での発表展。なぜこの時期に両国の交流事業なのかといえば、昨年が日英修好通商条約調印150周年だったから。したがってレジデンスの制作テーマも、日英関係や通商条約に関してという枠組みがあったようだ。白井は150年前に日本の使節団が初めてイギリスを訪れたときの驚愕と混乱を、『不思議の国のアリス』の「気狂いティーパーティー」になぞらえた映画『永遠の午後』を制作。タンは、さまざまな人に描いてもらった富士山の絵を素材に作品をつくった。まあテーマなんぞ、あってなきがごとしくらいが一番だ。

2009/07/19(日)(村田真)

2009年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ