2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

山田幸司『VectorWorksで学ぶ ラクラク建築パース作成マニュアル』

2009年08月15日号

発行所:エクスナレッジ

発行日:2009年7月15日

3DCADの使い手として知られる建築家山田幸司によるVectorWorksのマニュアル本。VectorWorksは二次元及び三次元のデータ作成が可能なCADソフトウェアであるが、一般的には二次元CADとして用いている人が多いかもしれない。しかし本書はVectorWorksの三次元CADとしての側面に焦点を当て、パース作成を主な目的とした本である。実はこの種の本は多くはない。二次元だけだったり、二次元と三次元の両方を扱った教本は多いが、三次元だけに絞った本というのはかなり少ないはずである。実際、二次元から三次元に進む段階で足踏みをしてしまう建築学生や建築関係者は多いであろう。そのため二次元CADとしてのVectorWorksをマスターし、3Dに挑戦したいがハードルの高さを感じている人には、うってつけのマニュアル本と言えるだろう。3Dモデリングの基本にはじまり、建築物のボリュームの作り方、ディテールの仕上げ方、テクスチャーなどリアリティの出し方へと進む。さらに、著者独自の山田流モデリングテクニックやアニメーション作成にも触れている。同種の本に比べ、特に作業時ディスプレイの図版が多く、順を追って3Dをマスターできるので親切である。
さらに他の教本と違う重要な点がある。本書にはかなり直感的な記述が含まれており、マニュアル本であるのに淡々とした印象がない。むしろ読み始めると何故か楽しくなってくる記述に出くわす、ひと味違うマニュアル本である。

2009/07/24(金)(松田達)

2009年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ