2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

開館記念展「横尾忠則 展──反反復復反復」

2012年12月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/11/03~2013/02/17

横尾忠則現代美術館[兵庫県]

阪急で神戸の王子公園に出て、明日公式オープンの横尾忠則現代美術館へ。同館は、兵庫県出身の横尾忠則からの寄贈・寄託作品を保管・展示するため、かつての兵庫県立近代美術館新館(その後、原田の森ギャラリー西館)をリニューアルしたもの。地上4階、地下1階で、1階がオープンスタジオとミュージアムショップ、2階と3階が展示室で、4階にデザイン原稿から雑誌、LPレコードまで横尾関連の資料を保管するアーカイブルームがある。開館記念展の「反反復復反復」は、「ピンクガールズ」や「Y字路」など時代を超えて横尾作品に何度も登場する同一モチーフの絵画を集めたもの。それにしてもこれほど模倣、模写、反復を公言してはばからない画家も珍しい。絵を描きたいというより、真似したいという欲望に突き動かされて描いているんじゃないかと思えるくらいだ。しかしそもそも絵を描くとはなにかを真似る、あるいは輪郭をなぞる衝動から始まったと考えれば、横尾こそもっとも真っ当な、真っ正直な画家といえるかもしれない。

2012/11/02(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00019139.json l 10066470

2012年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ