2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

さわひらき──Whirl

2012年12月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/10/23~2012/11/24

神奈川県民ホールギャラリー[神奈川県]

毎年秋、気鋭の若手アーティストを紹介してきた神奈川県民ホールギャラリーだが、およそ1,450平方メートルにもおよぶ地下の大空間を作品(しかも新作中心)で埋めるのは至難の業。もちろん潤沢な予算など期待できないので、絵画や彫刻はおろかインスタレーションでもおぼつかない。そこで頼りになるのが映像だ。映像ならプロジェクションすればいくらでも大きくなるし、部屋が暗いので広さも気にならないからだ。実際、ここ数年に選ばれているのは小金沢健人(2008)や泉太郎(2010)ら映像系のアーティストが多い。で、今年はさわひらきだから順当な、あまりに順当な人選といえるだろう。旧作も少なくなかったが、映像はインスタレーション次第で新たな作品として見ることができるので退屈しなかった。

2012/11/11(日)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00019296.json l 10066475

2012年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ