毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

森村泰昌 展「アーカイブ、それから」

2012年12月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/11/03~2013/02/11

佐賀町アーカイブス[東京都]

額縁絵画の上に石膏で型どりした足首を置いた作品がポツンと1点。まるで踏み絵じゃないか、と思ったらまさに《踏み絵》という作品だった。森村泰昌は1990年に佐賀町エキジビット・スペースで個展「美術史の娘」を開催し、人気を博す。バブルの真っただ中、佐賀町も森村も勢いがあった(森村は勢い余ってモリエンナーレだ)。《踏み絵》はそのときの出品作品。もうふた昔以上も前の話だ。

2012/11/22(木)(村田真)

▲ページの先頭へ

2012年12月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)