2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

墨田まち見世2012/特別企画「どこにいるかわからない」展

2012年12月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/11/10~2012/11/25

SOURCE Factory、現代美術製作所[東京都]

東向島の「どこにいるのかわからない」展をまわる。路地と屈曲した通りに沿って、空き家、空き地、旧工場などを使い、幾つものアートプロジェクトが展開し、文字通り、道に迷い、どこにいるのかわからなくなるような場所性を体験する。個別の作品もこのコンセプトを意識したものが多い。ここのまちづくりに関わってきた真野洋介のトークでわかったのは、墨東のエリアには、北川貴好、KOSUGE1-16、戸井田雄が入っており、あいちトリエンナーレの長者町の作家とかぶっていること。そして土屋公雄の薫陶を受けた武蔵野美大の建築系ネットワークが強い。ゆえに、展示も空間を使う力作がそろう。

2012/11/16(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2012年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ