2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:田中真吾 個展 識閾にふれる

2011年09月01日号

会期:2011/09/02~2011/09/30

eN arts[京都府]

火をテーマにした平面、立体、写真作品を制作している田中真吾。例えば、紙と木のパネルの一部を燃やした作品「TRANS」は、焼け焦げた紙がつくり出す造形の妙が、炎の動きや時間の経過を連想させ、さらには強さ、脆さ、儚さなどの感情を喚起する。今回は、その「TRANS」だけでなく、写真を用いた「LIGHT」と「TRACE」、紙と漆喰のパネルを炎であぶった「HEAT」の4シリーズを一挙に展示。田中の仕事を体系的に観賞する機会となる。

2011/08/20(土)(小吹隆文)

2011年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ