2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

椿会展2010「トランス・フィギュラティヴ」

2010年06月15日号

会期:2010/04/10~2010/06/13

資生堂ギャラリー[東京都]

絵画ふたり(伊庭靖子、丸山直文)に彫刻ふたり(祐成政徳、袴田京太朗)。以上4人は作品の予想がつくが、毎回なにを出すかわからず台風の目になってきたのが、塩田千春とやなぎみわのふたりだ。今回、塩田はパフォーマンスを収録した6年ぶりの映像作品、やなぎは超特大から超極小までの女性靴を出品。やはりこのふたりが目立っていた。展覧会としてはいいバランスかも。

2010/05/25(火)(村田真)

2010年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ