2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

アートフェア京都

2010年06月15日号

会期:2010/05/07~2010/05/09

ホテルモントレ京都[京都府]

アートマーケットは東京に集中するが、京都はこれまで伝統産業や文化を守るだけでなく、最先端の美術も育んできた。その土壌を足がかりに今後、美術の市場、ひいては地域経済の確立を目指すことをコンセプトに京都で初めて開催された現代美術アートフェア。33画廊が参加していた。ゴールデンウィーク中でもあり混雑を予想していたのだが、初日の午前中は大雨のせいもあってか会場は空いており、思いがけずゆっくりと見て回ることができた。全部見終わるのに4時間ちかくもかかってしまい我ながら驚いたが。翌日も、アートに接する機会は日頃はほとんどないという知人を案内。ある画廊で気に入った作品を購入し、どこに飾ろうかとつぶやくその人の少し嬉しそうな顔を見て私まで良い気分に。ホテルを会場にしたアートフェアは以前からあるが、公式ブログでは、会場周辺の観光名所や近隣の飲食店が紹介されるなど、京都の町歩きのための情報が発信されていたり、アートフェアというよりも京都の滞在時間自体を楽しむイメージづくりが開催前から工夫されていた。アートへの興味のきっかけにつながれば良いと思う。次回以降の動向も気になる。

2010/05/07(金),05/08(土)(酒井千穂)

2010年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ