2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

ピエロ・ポルタルッピ《ヴィラ・ネッキ・カンピーリオ》ほか

2016年10月15日号

twitterでつぶやく

[イタリア、ミラノ]

《ヴィラ・ネッキ・カンピーリオ》へ。これはピエロ・ポルタルッピが設計した1935年の超豪邸で(予算は無制限の依頼だったらしい)、あちこちにアート作品を展示する。旧朝香宮邸のような感じだ。室内は船のイメージを投影しており、丸窓なども散見される。そして引き戸が多い。モダンと古典と新技術を融合した住宅である。一方、近くの《パラッツォ・コルソ・ヴェネツィア》は、やはりポルタルッピが設計したもので、ややマニエリスムが入った、完全に古典テイストの1930年代建築である。

写真:左・右上=《ヴィラ・ネッキ・カンピーリオ》 右下=《パラッツォ・コルソ・ヴェネツィア》

2016/09/09(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2016年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ