2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

ヘリ・ドノ展「HERIDONOLOGY」

2016年10月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/09/12~2016/10/22

ミヅマアートギャラリー[東京都]

ヘリ・ドノはインドネシアを代表するアーティスト。日本で東南アジアの現代美術が話題になり始めた90年代初頭から、インドネシアの伝統的な影絵芝居ワヤン・クリを現代風にアレンジする作家として名前を聞いていた。なにしろアピチャッポン・ウィーラセタクンとは違って名前が覚えやすいからね。今回は絵画と動く彫刻の発表だが、伝統的な物語を描いたプリミティブな絵画は、顔がふたつあったり、目が3つも4つもあったり、鼻や舌の先に顔がついてたりする妖怪どもを勢いのある筆致で描いている。さすが腕達者、絵がうまいので驚いた。

2016/09/26(月)(村田真)

▲ページの先頭へ

2016年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ