2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

喫茶「丘」

2016年10月15日号

twitterでつぶやく

[愛知県]

岡崎へ。喫茶「丘」にて、モーニングを食べる。在野の大竹伸朗とでも言うべき100均ショップの素材による目もくらむ内装と二重の音源が重なる空間は、ヘタなアート作品よりもはるかにインパクトがある。斜め前のMasayoshi Suzuki Galleryにて、鈴木正義氏から岡崎の状況を詳しくうかがう。前回のあいちトリエンナーレ2013に参加した藤村龍至が岡崎に出入りしていることもあり、今回のトリエンナーレ期間中も、ギャラリー前のEurekaの移動する家具、403architectureによる松本町の木造アーケードの櫓、studio velocityの川辺の作品など、若手建築家のプロジェクトがいくつか動いている。またリノベーション・スクールを通じて、岡崎のあちこちで再生された物件を鈴木氏に案内してもらう。前回のトリエンナーレ会場も解体されずに、活用されている事例があって嬉しい。狭い路地が蛇行する六供町エリアを探索する。「岡崎まち育てセンター・りた」の天野氏から、橋と川辺の活用について話をうかがう。岡崎はシビコの展示面積が減ったが、むしろ前回のトリエンナーレ以降、いま街中で実際に進行しつつある建築や都市のプロジェクトやリノベーションが熱い。

写真:左=喫茶「丘」 右=上から、移動する家具、岡崎まち育てセンター・りた

2016/09/25(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2016年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ