毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回4月3日更新予定)

artscapeレビュー

銭湯絵師 丸山清人個展

2016年10月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/09/22~2016/10/02

ギャラリービブリオ[東京都]

いまや風前の灯の銭湯のペンキ絵。大学を出て銭湯絵師の下に弟子入りした人もいるにはいるが、銭湯そのものが絶滅寸前だから生き残り策を考えなければならない。希望者の風呂場に赴いて描く出張ペインティングというテもあるが、より現実的なのはペンキ絵を縮小して商品として売ることだ。国立のギャラリービブリオは1軒屋の畳部屋を改装したもので、現役最年長の丸山清人がボードに油性ペンキで描いた富士山の絵を30点余り並べている。奥には大作が2点あって、1点は昨日ライブペインティングで描いたものだそうだ。30×40センチほどのサイズが1点18,000円で、見たところザッと半数が売れている。悪くないではないか。

2016/09/26(月)(村田真)

▲ページの先頭へ

2016年10月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年03月15日号