2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

堂島リバービエンナーレ2011「ECOSOPHIA──アートと建築」

2011年08月15日号

会期:2011/07/23~2011/08/21

堂島リバーフォーラム[大阪府]

大阪の堂島リバーフォーラムで、第2回目となる「堂島リバービエンナーレ2011」が開催されている。青森県立美術館チーフ・キュレーター、飯田高誉氏をアーティスティック・ディレクターに迎えた今回は建築とアートがテーマ。自然環境、社会環境、人間の心理の三方向から、新たな自然観や未来の地球というヴィジョンを提示するという内容で、地圏、水圏、気圏という領域にわけられた会場に16組のアーティストの作品が展示されている。第1回目の華やかな会場の印象と比べれば、やや固い雰囲気にも感じられたが、われわれの身体の延長にある建築とアートのさまざまな関係を見せる今展は、目先の未来ではなく、まずわれわれの現在までの生き方や考え方そのものを問うものでもあった。会場はたいへん暗いが、それだけに各々の作品とテーマを咀嚼しながらじっくりと鑑賞しやすい雰囲気。

2011/07/30(土)(酒井千穂)

2011年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ