2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

ヨコハマトリエンナーレ2014「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」

2014年11月15日号

会期:2014/08/01~2014/11/03

横浜美術館、新港ピアほか[神奈川県]

ヨコハマトリエンナーレでの2度目の横浜美術館入り。今回は、これを聴くべきと噂になっていた、ディレクターの森村泰昌さん自身による音声ガイドに導かれながら鑑賞する。改めて本当に好きな作品を集めたのだとよくわかる。やはり、テーマと深く関わる第3話の『華氏451』の部屋が、一番作品の解説が多く、とても力が入っている。これまで、ゆっくりまわれなかった作品を見ておく。美術館では最後となる第6話の部屋が、もっとも森村個人の趣味を感じる。なお、映像系の作品は時間がかかり、何度かに分けてみるしかないので、あいちトリエンナーレのように、何度も入れるパスがあるとありがたい。


マイケル・ランディ《アート・ビン》2010/2014


第3話 左:ドラ・ガルシア《華氏451度 (1957)》2002 右:《Moe Nai Ko To Ba》2014


2014/10/22(水)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00027119.json l 10104529

2014年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ