2021年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

東京ミッドタウンアワード2014 受賞作品展示

2014年11月15日号

会期:2014/10/17~2014/11/09

東京ミッドタウン プラザB1[東京都]

アートとデザインの2部門からなるコンペ。アートはテーマなしで6点が受賞。おもしろかったのは、コンクリートブロックを積み重ねた小さな壁に雑草が生えた原田武の作品と、道端に停まってる車を後ろから撮った加藤立の写真。だが原田の作品は素材がコンクリートでも植物でもなく、すべて金属でつくってるところがつまらなかったし(本人はたぶん金属でつくらなければ意味がないと思ってるはずだが)、逆に加藤は自分の誕生日と同じナンバーの車ばかり撮って毎日入れ替えるという、意味のないところがおもしろかった。原田はグランプリ、加藤は準グランプリを獲得。デザインは「和える」というテーマの下、8点が受賞。これで肉や魚を焼くと和文様がつくhitoeの《和網》、レインコートを鎧風にデザインした85の《鎧カッパ》、ハーモニカ型の皮にアンコを包んだwunit design studioの《ハーモナカ》、割れたせんべいを金でつないだ泉美菜子の《金継ぎ煎餅》、果物に刺す楊枝の先に「大吉」とか「小吉」とか書いた土屋寛恭の《おみく枝》など、なるほどと思う佳作が多い。グランプリ、準グランプリは《和網》と《鎧カッパ》。アートとデザインを比べるのもなんだが、はっきりいってアートは低調だ。それは応募総数でも差がついたし(アート357点、デザイン1,072点)、観客の投票数にも表われている(10月28日現在、アートは最低564票、最高1,080票、平均727票に対し、デザインは最低953票、最高2,980票、平均1,703票を獲得)。アートはデザインより興味を持たれてないということだ。でもデザインのほうが発想がせこいぞ。

2014/10/28(火)(村田真)

2014年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ