2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

あいちトリエンナーレ2010

2010年09月15日号

会期:2010/08/21~2010/10/31

愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、納屋橋会場ほか[愛知県]

残念ながら内覧会の日はメイン会場である愛知芸術文化センターの展示作品と納屋橋会場のヤン・フードンの映像作品を見るだけで時間いっぱいになり、他の会場に行くことが叶わなかったのだが、愛知芸術文化センターの展示には、じっくりと見たい作品も多かった。個人的にはハンス・オブ・デ・ピーク、宮永愛子、タチアナ・トゥルーヴェ、志賀理恵子のインスタレーションが印象に残っているが、この会場には映像作品も多いので見て回るのにも時間がかかる。公式ガイドブックには「一日でまわる弾丸コース」という4つの会場を駆け足でめぐるモデルコースも紹介されていたが、「都市の祝祭」という、名古屋の街全体をアート空間ととらえるテーマに基づいてみるならば、なおさら街歩きとともに堪能したいところで、一日で巡るのはやはり難しい気がする。アートの「先端性」や美術とパフォーミングアートの「複合」から生じる可能性を骨子にした大規模な国際展、今後、来場者や地元の人々からはどのような反応がかえってくるのだろうか。注目している。

2010/08/20(金)(酒井千穂)

artscapeレビュー /relation/e_00010355.json l 1221311

2010年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ