2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

artscapeレビュー

國盛麻衣佳「be with underground」

2011年10月15日号

会期:2011/08/29~2011/09/03

GGJ[東京都]

國盛は石炭を画材にして絵を描いたり(コール・ペイント)、オリジナルの石炭チョークを用いて「山本作兵衛なりきりワークショップ」を開いたり、とにかく炭鉱をテーマに作品づくりをしている珍しいコ。そのカワイイ容姿と重厚長大なモチーフとのギャップが感動的だが、出身が炭鉱の街として知られる福岡県大牟田市と聞けばなるほど。今回は石炭から灰色、濃灰色、茶色、黒の4色をつくり、にかわで溶いて、炭鉱の廃屋からはずした天井板やセラミックの上に人物を描いている。モデルは炭鉱地ゆかりのおじいちゃんやおばあちゃん。素材も色彩もモチーフもけっして新しくも美しくもないが、こんなことやってるヤツはほかにいないという点で高く評価したい。炭鉱への愛がヒシヒシと伝わってくる。ギャラリーには廃屋の一部が再現され、畳の上でワークショップやトークも行なったという。

2011/09/02(金)(村田真)

2011年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ