2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

2016年08月15日号のレビュー/プレビュー

小川佳夫展

会期:2016/05/28~2016/07/09

un petit GARAGE[東京都]

小川の作品は90年代に何度か見たことあるし、本人と飲んだ記憶もあるが、以後20年ほどごぶさたしていた。経歴を見ると、95年から12年間パリに滞在していたというから、どうりで見なかったわけだ。久々に接する作品は鮮烈だった。それは、かつての抽象表現主義的な絵画からきわめてシンプルな画面に変化したからであり、また、近ごろの日本では珍しいほど色彩や触感に重きを置いているからだ。作品は大小10点ほど。いずれも刷毛で微妙に混色した絵具を厚めに塗り、乾かないうちに上から別の色彩をペインティングナイフでサッと一振りする。一振りといっても往と復でだいたい2本の線として残る。うまくいかなかったら地の色に混ぜ合わせてもういちど繰り返すという。ちょっと李禹煥やフォンタナを連想させないでもないし、ともすれば、禅などの日本文化に結びつけられかねない面もあるが、深みのある色彩と思いきりのいいストロークは見ていて気持ちがいい。

2016/07/01(金)(村田真)

文字の博覧会 旅して集めた“みんぱく"中西コレクション

会期:2016/06/02~2016/08/27

LIXILギャラリー[東京都]

京都の中西印刷の6代目、中西亮(1928-94)が世界100カ国以上を旅して集め、現在は国立民族学博物館に収蔵されている3千点近くの文字資料コレクションから、約80点を公開。言語自体は世界中に数千あるといわれるが、文字の種類は使われなくなったものも含めて300種ほどで、それらはエジプト文字、楔形文字、漢字の3つを起源として発達してきたという。しかも3つが生まれた時期はそれほど変わらないのに、体系はまったく異なるというから、いかに文字の発明が奇跡的なものであったかがわかる。今回展示されているのは、アジアから中東、ヨーロッパにかけて収集した本や紙片、粘土板、竹筒、樹皮、動物の皮革など。あらためて驚くのは、エジプトから派生した文字がヨーロッパや中東だけでなく東南アジア、モンゴル、満州まで広がっているのに、漢字は世界的に見れば辺境の東アジアだけしか使われてないこと。これは使い勝手の悪さゆえかもしれないけど、ここはひとつ日中韓が協力してユネスコ記憶遺産にでも登録しとかなきゃ、漢字は滅びてしまう。

2016/07/01(金)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00035392.json s 10126031

新しい建築教育の現場

会期:2016/06/12~2016/08/22

LIXILギャラリー[東京都]

東大の建築学科にできたT_ADSは、デザインする人、構造計算する人、インテリアをつくる人など、ズタズタに分割された建築界をもう一度つなぎ直すための場所。そのラボを再現した会場には、オガクズやワリバシなど大量の木っ端をくっつけて固めたものがころがっていて、建材や遊具の材料として使うのだろうか。建築学科の教室というより、まるで彫刻家の工房みたい。

2016/07/01(金)(村田真)

林勇気 個展「Image data」

会期:2016/06/25~2016/07/30

ギャラリーヤマキファインアート[兵庫県]

ここ半年間、個展・グループ展への参加が相次ぎ、精力的に新作を発表している林勇気。最新作《image data》が展示された個展は、デジタルデータとしての映像の成立条件や非物質性、受容や消費のあり方に対する意識をより先鋭化させたものとなった。
冒頭、壁面いっぱいに投影された映像には、海辺、花畑、バーベキュー、ドッグフードのパッケージ、パスタ、飲食店、公園、ビルや雑踏など、ごく平凡で、アマチュアが撮影したと思しき写真が、脈絡は不明なまま、一枚ずつ映される。すると画像は無数の小さな四辺形に切り取られ、回転ドアのようにクルクルと回転し始める。x軸(横軸)とy軸(縦軸)の平面上にのみ存在するデジタル画像に、架空の奥行(z軸)を与えて、それぞれ異なる回転速度を与えて回転させると、どんなアニメーションが生成するだろうか。目をチカチカさせるような黒い穴の点滅によって、デジタル画像は物質的な厚みも奥行きも一切持たないことが露呈する。やがて、それぞれの画像は切り抜かれた無数の断片に分解し、混ざり合い、見えない中心軸の周りを高速で旋回し始める。ブラックホールを連想させる宇宙的な光景とその終焉は、匿名的な画像が日々膨大に生み出され、ネットを介して共有され、消費されていく巨大な墓場を思わせる。
このように、デジカメや携帯電話で手軽に撮影されたデジタル画像の受容や消費のあり方についての意識は、作中で使用された画像の選択方法にも明らかだ。ここでは、インターネットの画像検索において、「イメージの誤訳」として表示された「エラー」画像を順番に拾い上げていくという「エラーしりとり」の手法が採られている(例えば、検索ワードに「犬」と打ち込んで、機械的な誤訳で表示された「ドッグフード」の画像を見つけると、次は「ドッグフード」と打ち込み、紛れ込んだ「パスタ」の画像を拾うといった具合である)。見たい画像を効率よく探すための画像検索システムにおいて、通常は価値のない「エラー」と見なされ、無視される画像たち。それらを拾い上げ、映像作品の中で「再生」させて束の間の命を与えつつ、切り刻んで闇の中に葬り去る林の手つきには、デジタルデータとしての映像の軽さや儚さに対する両義的な眼差しが感じられる。
その姿勢は、「待機画面」のままのブルーのモニター画面が対置されることによって、即物的なレベルで補強されている。それは、「接触不良」のアクシデントといった現在時における潜在性かもしれず、「データの破損・劣化」「データの保存形式の旧式化」といった未来の展示における可能性かもしれないのだ。


《image data》展示風景
撮影:田中健作

2016/07/02(土)(高嶋慈)

ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝/講演会 ミケランジェロの建築に見る古代との闘い

会期:2016/06/25~2016/08/28

パナソニック 汐留ミュージアム[東京都]

パナソニック汐留ミュージアムに巡回したミケランジェロ展は、山梨県立美術館の会場と比べて小さいのだが、ドローイングがあまり大きくないので、むしろハコのサイズがちょうどよい。また吉野弘による会場デザインは、可動壁に小刻みなアーチの仮設壁を組み合わせたり、直交だけではなく、斜めに進んでいく空間もつくるなど、興味深い試みである。展示を監修した飛ヶ谷潤一郎のレクチャーは、ミケランジェロと古代ローマの関係について論じていた。

2016/07/02(土)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00035948.json s 10126056

2016年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ