2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

artscapeレビュー

第14回岡本太郎現代芸術賞展

2011年05月01日号

会期:2011/02/05~2011/04/03

川崎市岡本太郎美術館[神奈川県]

毎春恒例の岡本太郎現代芸術賞展。生誕100年にあたる今回は、818点の応募作のなかから入選した27組のアーティストによる作品が展示された。昨年よりは全体的に作品の出来がよいように見えたが、それにしても毎回思うのは、予定調和的な会場構成だ。広い会場に作品が満遍なく設置されているため、たしかに鑑賞する側にとっては非常に都合がよい。しかし、その空間を埋めるために作品が選出されている印象が否めないのも事実だ。美術館が企画したグループ展ならまだしも、新人を発掘する公募展の場合、こうした会場ありきの選出は本末転倒というほかない。何より、このような予定調和こそ、岡本太郎が徹底して侮蔑していたことを思えば、いっそ会場に奇妙な隙間が生まれたとしても、受賞に値する少数精鋭の作品だけで展示を構成することも考えるべきではないか。「展覧会」という制度をいつまでも自明視していては、岡本太郎に追従することはできても、批判的に乗り越えることなど到底かなわないだろう。

2011/03/30(水)(福住廉)

artscapeレビュー /relation/e_00012025.json l 10000408

2011年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ