2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

第七回田辺銀冶根付会 爆裂お玉

2012年11月01日号

会期:2012/10/13

お江戸日本橋亭[東京都]

講談師、田辺銀冶の独演会。師匠の故田辺一鶴とレディー・ガガをモチーフにした創作講談、そして「爆裂お玉」の最終回を披露したほか、伝説の紙芝居師、梅田佳声による紙芝居もあわせて上演された。
銀冶の魅力はなんといっても声である。おきゃんなキャラクターを体現する爆発的な笑い声もさることながら、声の高低によって作中の登場人物を演じ分ける振り幅の大きさがすばらしい。今回は「爆裂お玉」という痛快な悪女がおそらく性根に合っていたのだろう、これまでにないほど高い声ののびやかな広がりと、低い声の猛々しい艶っぽさが引き立っていたように見えた。
敬愛してやまないレディー・ガガを模した緑色の鬘は当人いわく「大阪のおばちゃん」のようだったが、それはともかく、このような銀冶の声の質は、まさしくガガのそれと明らかに通底していた。講談の伝統が刷新されるとすれば、それは当世風のモチーフを取り入れるだけでなく、同時に、講談そのものよって声の生々しさや美しさを私たちの文化に取り戻すことが不可欠だろう。

2012/10/13(土)(福住廉)

2012年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ