2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

岡田新一他『日本の未来をつくる──地方分権のグランドデザイン』

2010年04月15日号

発行所:文藝春秋企画出版部

発行日:2009年5月30日

日本のグランドデザインを提言する本。著者は、NPO法人の「日本の未来をつくる会」のメンバーである、岡田新一、田村明、猪瀬直樹、市川宏雄、大野秀敏、神野直彦ら。なおこのNPO法人には岸田省吾、馬場璋造らも名を連ねており、建築系の人物がかなり占めている。本書では、道州制よりさらに地方自治を推し進めた完全自治州制が提示され、日本全国を八つに輪切りにすることにより、各州が日本海と太平洋に接するという領域案を岡田氏がまとめている。そして既存の横に伸びるインフラがそれらをつなぐ。現在議論されている道州制が、結局中央集権的な体制の繰り返しになることを、メンバーは危惧し、新しい地方分権案が具体的なダイアグラムとともに提示されている。建築家を加えたメンバーが、壮大な国土のグランドデザインを提言していることに注目したい。

2010/03/31(水)(松田達)

2010年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ