2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

shibuya1000

2010年04月15日号

会期:2010/03/13~2010/03/22

渋谷駅地下コンコース他[東京都]

今年で二回目を迎える渋谷におけるアーバン・エキスポである。渋谷駅を舞台とし、数多くの作家が渋谷の魅力を伝える展示を行なっていた。「エリアマネジメント」の一環として行なわれたことは特筆すべきであろう。開発ではなく、管理運営による都市づくりのひとつの在り方としても、本イベントは位置づけられよう。多くの展示があったが、わりと時間をかけて見ることのできた、二つの展示にふれておきたい。杉浦久子+suginocoによる「オノマトペB面」は渋谷の地下空間に現われる擬声語を立体化し(「ざわざわ」「チャリーン」等)、垂直方向を誇張した模型として制作して表現したもの。漫画的であるのに三次元化している、ユーモラスなのに何故かシリアスに都市分析をしているなど、アンビヴァレントな表現が面白い。東急文化会館再開発地区の仮囲いを利用したg86の「QR Code Museum」は、点在するQRコードによって新世代クリエーターの作品を紹介するもの。おそらく、訪れるタイミングが悪かったのか、実際に使用する人はなかなか見られなかったが、各QRコードが示すURLにより作品が陳列されているというわけである。このアイディアは、さらに都市の中に展開していくと面白くなるだろうと期待させた。より具体的に都市へ介入している建築家/作家として、mi-ri meterの作品(「MDRIX」や「テントス24」)を思い出したのであるが、実際g86のメンバーもmi-ri meterの手法に影響を受けていたのだという。

URL=http://www.shibuya1000.jp/

2010/03/22(月)(松田達)

2010年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ