2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

森村泰昌「なにものかへのレクイエム──戦場の頂上の芸術」記者会見

2010年03月15日号

会期:2010/02/08

東京都写真美術館[東京都]

3月から写真美術館で個展が始まる森村自身のあいさつと、そこで公開される新作映像《海の幸・戦場の頂上の旗》の試写。展覧会は「20世紀とはなんだったのか」を問う壮大な構想で、森村が三島由起夫、ゲバラ、アインシュタイン、ピカソ、手塚治虫などに扮し、新作映像では、青木繁の群像《海の幸》と、硫黄島の戦場に米軍が星条旗を立てる有名な写真が重なり、そこになぜかマリリン・モンローがかぶさってくる。もちろんすべて森村本人。4半世紀前のゴッホに扮したデビュー作は単なる悪ふざけにしか思えなかったが、あれから森村はずいぶん重いものを背負ってしまったような気がする。でも本人はアインシュタインのように、ペロッと舌を出してるのかもしれない。

2010/02/08(月)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00007883.json l 1212921

2010年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ